このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません
スコータイ遺跡

2007.01.28.

タイ|スコータイ

スコータイ遺跡群

ラオスのフエサイ経由でチェンコーンからタイに入国。チェンライからゴールデントライアングル(昔アヘンなどの精製をしていた場所)と呼ばれるタイ、ラオス、ミャンマーが隣接する場所に寄るか、パーイというヒッピーが好む町に行くか悩んだ結果。そー言えば自称遺跡好きにしてタイ北中部に位置する重要な遺跡に行った事がないのに気が付いた。 チェンマイを経由してスコータイにやって来ました。

スコータイ遺跡 スコータイの新市街から遺跡まではソンテウが10分毎に運行してます。遺跡周辺にはレンタルチャリ屋がごっそり。チャリを持ち込み遺跡内へ。中央に位置するワット・マハタートへ。チェディ(ベル型仏塔)と仏陀が立ち並ぶ。

ワットマハタート

ラームカムヘーン スコータイ王朝はカンボジアの支配から逃れて作った最初の王朝。中でも3代目ラーム・カムへーン大王の時代には最盛期を迎えています。タイ3大王に数えられ、現在でも学問の神として崇められている。だからラーム・カムへーン像は大人気。

ワットシーチャム

ワットシーチャム 個人的に一番の見所は歴史公園北部にはワット・シーチュム。巨大仏像が御堂におさめられている。これはなかなかの迫力。
さてさてスコータイ遺跡。どーなんでしょう。タイ最初の王国という事で国にとっては重要な遺跡です。しかしながら、場所も遺跡も中途半端な印象。フツーの遺跡好きだったらアユタヤで十分。ここまで足を伸ばす必要はないかと。チェンマイから夜行でバンコクに戻るのはしんどい方、休憩がてら寄ってみて下さい。ちなみにスコータイの新市街も微妙。宿でドミがある所も無いし。あまりバッパーが来るところではないんだろうね。たぶんもう1度スコータイに来ることはないと思います。

ルアンナムター トレッキング 前項 | スコータイ遺跡群 |

Route & Map

info

link

SouthEast Asia 2006 list

Publishment

■■■■■ 書籍のご案内 ■■■■■

「タビしるべ」が電子書籍になりました。アマゾンのkindle本です。Kindleの端末はもちろん。iPad、itouch、iPhone、アンドロイドの無料のkindleアプリからでも気軽に読めます。kindle本は無料サンプルも読めるので、気になったらチェックしてくださいな。

Kindleunlimited読み放題

以下の本はAmazonが提供する月額980円の読み放題、30日間の無料体験の対象商品です。

電子書籍向けのガイドブック。第7弾はインドネシアのバリ編!ビーチリゾートはもちろん、ウブド、キンタマーニ高原、ヒンドゥー寺院巡りなど!

電子書籍向けのガイドブック。第6弾はモロッコ編!マラケシュ、フェズ、サハラ砂漠などモロッコの魅力に迫る一冊!

電子書籍向けのガイドブック。第5弾はイタリア編!ローマ、フィレンツェ、ベネチア、ミラノ、ベネチアの5大都市を巡る!

電子書籍向けのガイドブック。第4弾はタイのバンコク編!アユタヤ遺跡、パタヤ、サメット島、チャン島も収録!

電子書籍向けのガイドブック。第3弾はタイのリゾート編!情報の少ないタイ南部のリゾートを特集!

電子書籍向けのガイドブック。第2弾はカナディアンロッキー編!観光もハイキングもこの一冊あれば十分!

新シリーズは電子書籍向けのガイドブック。第1弾はアメリカ編!セドナ、グランドサークル、ラスベガスならこの一冊あれば十分!!

vol.5~8をセット販売。バラで買うより断然お得です!!しかも総集編2には「強盗な話」の付録付き!!

vol.1~4をセット販売。バラで買うより断然お得です!!しかも総集編には「他人のトラブルな話」の付録付き!!