このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

TRY WIMAX HWD14

WIMAX2+ HWD14

昨年末に1年のWIMAXの契約が切れ、今後のネット回線をどうするか模索中です。今のところ無制限で使えるWIMAXを新たに契約するのが無難かと思っているんですが、新たにサービスが始まったWIMAX2+も気になるところ。下りの最速が110Mbpsですからね。40MbpsのWIMAXの3倍ですよ。

始まったばかりのサービスだしどうなんだろうと思っていたら、WIMAXを15日間無料でお試しできる「TRY WIMAX」で、1月20日からWIMAX2+に対応したHWD14のレンタルも開始されたため早速申し込んでみました。

15日間無料と言ってますが、発送日から到着日までの期間になります。到着から15日間お試してから返却すると、もれなく違約金が発生するので気をつけましょう。実質的にお試しできるのはMAXで12日くらいですかね。

WIMAX 貸し出し期間

申し込み条件

① 国内在住で20才以上
② 本人名義のクレジットカードを所有している
③ 過去90日間以内に本サービスを利用していない

ネット申し込みに必要なもの

① パソコン用メール(Gmailなど)
② 携帯メール
③ 本人名義のクレジットカード

意外と厄介なのが携帯メール。スマホ利用者はキャリアのアドレスを使っていない人も多いんではないでしょうか。作ればいいだけなんですけどね。クレジットカードは保証用です。万が一、端末の返却が遅れたりした時に所定の料金が引き落とされます。

TRY WIMAX 申し込み方法

郵送でもできるようですが、ここではネット申し込みの方法を掲載します。

① 希望のWIMAX機種の在庫確認
WIMAX2+に対応しているのはHWD14のみです。手続きに入る前にチェックしましょう。リアルタイムに在庫状況は変わるので、こまめにチェックした方がいいです。

TRY WIMAX 在庫確認

在庫確認ページへ

申し込みページへ

② 仮登録
パソコンのメールアドレス、携帯のメールアドレスを記入します。携帯のメールに「申込番号」と「開通コード」が送られてくるので、パソコンメールから認証URLを開いて、「開通コード」を入力すると本登録の画面に変わります。

仮登録メール

③ 本登録
個人情報、希望配達時間などを記入すると「Try WiMAX レンタル本申込登録完了‏」というメールが届きます。メールによると申し込み日かの翌々日までには出荷手続きが完了するそうです。

申し込み完了メール

④ 出荷完了メール
申込日の翌日の夜に出荷完了のメールがきました。貸出日と返却期限が記載されています。

発送完了

TRY WIMAX 到着

小さな目のダンボールで無事に到着しました。

TRY WIMAX

① 開封
中には「本体」「返却についての説明書」「記入済み返却用伝票(着払い)」が入っています。ゆうパックの伝票が入っているので、返却の際は箱に戻してこいつを張って、郵便局かローソンなどに行くだけです。至れり尽くせりですな。

TRY WIMAX

本体の箱を開けると、本体、アダプター、ケーブル、説明書が入っています。短いケーブルはスマホへの給電用みたいですね。

TRY WIMAX

本体の大きさはiPhone4より少し小さいくらいです。厚みは倍くらいありそうですね。140gでズッシリはしていますが、持ち歩けない重さではありません。無駄にタッチ式です。

HWD14

HWD14

本体にはmicroSDとSIMカードのスロットがあります。が、SIMの挿入口はテープが貼られレンタルでは使用できないようしています。

SIMスロット

HWD14 接続

「設定」→「情報」→「SSID情報」からWifiのパスワードを確認して、Mac、iPhone4s、HTC J ONEに接続してみました。速度を測ってみると2〜3Mbpsくらしか出てませんね。

HWD14

本体の液晶を確認すると「WX」と表示されています。WIMAX2+につながると「WX2」と表示されるようなので、、、

WIMAX2+ HWD14

どうやらWIMAXにしかつながってないようです。公式サイトからチェックすると2014年3月までの対応エリアになっていました、、、、、駅の北側は対応エリアなのに、、、、土日にでも対応エリアへ散歩しに行きます。

サービスエリアのチェック

ハイスピードプラスエリア

TRY WIMAXでも通信モードを「ハイスピードプラスエリア」に設定するとLTEが使えます。さすがにそこそこのスピードが出ますね。

ハイスピードプラスエリア

LTE

ハイスピードエリア

WIMAXは無制限ですが、ハイスピードエリア設定(LTE接続)は月7GBの制限があります。次の人に貸し出す前にリセットはしないようなので、説明書には1人で7GBを使いきらないよう利用規約に記載してありますのでご注意を。

まとめ

現状ではWIMAX2+のエリア外だったのでHWD14の評価は何ともいません。ただ、昨年まで使っていたNECの旧機種AtermWM3600だとWIMAXで下り8〜10Mbpsくらい出てたんですよね。WIMAX接続だけみるとかなり遅い印象です。機種でこんなにも差があるとは。WIMAX2+で接続できてる人は30Mbpsとか出ているみたいなので追ってレビューする予定です。

いずれにしても、無料でWIMAXをお試しできるので、とりあえず使ってみたい人にはオススメのサービスですよ。以前では一部の家電店でも貸し出ししてたんですけどね。今はネットか書類で申し込むしかないようです。

ちなみに、本家WIMAX2+に対応したHWD14を契約すると2年契約で月々3880円です。WIMAXの機種なら1年契約でいいのですからね。さて、どうするか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA