このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません
ワットプー

2008.02.11

ラオス|チャンパサック

ワット・プー遺跡

今回ラオスに来たのはシーパンドンがメインですが、タイから向かう途中にはワット・プー遺跡があります。大好きなアンコール・ワットに代表されるクメール遺跡だし、世界遺産にも登録されているので寄ってきました。

フェリー

タイのバンコクから鉄道でウボンラチャタニーへ、そこからバスでラオスの南部最大の都市パクセーを経由して、ワットプーの拠点となる町チャンパサックを目指す。途中で不安定そうな木製のフェリーに乗り、メコン川を渡らなくては行けません。

ワットプー チャンパサックで1泊して、レンタルチャリで遺跡を目指します。町から長閑な道をひたすら南下。特に地図も持たずに行ったので、「ワットプー?」とすれ違う村人に連呼しながら一度だけ右折して町から走る事30分弱。見てきましたワットプー遺跡。

ワットプー チャリから降りて、本道を歩いていくとほぼ廃墟と化した遺跡内へ。しかし、観光客の姿がほとんど見えない。いるのはお祈り来ている地元民か、遺跡内を清掃している作業員くらい。この階段を上がるといよいよ本堂へ。

ワットプー 本堂まで上がると平原が見渡せました。ここが山の上にある事がよく分かる。ワットは「寺」、プーは「山」を意味する通り。本堂にはクメール人がヒンドゥー寺院として作った名残と、現在ではラオス人が仏教寺院として崇める仏像が混在しています。

ワットプー

ワットプー

せっかくなので来たワットプーですが、正直微妙です。人が少なくてゆっくり見れるのはいいのですが、その理由がわかる気がします。

| ワットプー遺跡 | 次項シーパンドン

Route & Map

info

link

SouthEast Asia 2008 list

Publishment

■■■■■ 書籍のご案内 ■■■■■

「タビしるべ」が電子書籍になりました。アマゾンのkindle本です。Kindleの端末はもちろん。iPad、itouch、iPhone、アンドロイドの無料のkindleアプリからでも気軽に読めます。kindle本は無料サンプルも読めるので、気になったらチェックしてくださいな。

Kindleunlimited読み放題

以下の本はAmazonが提供する月額980円の読み放題、30日間の無料体験の対象商品です。

電子書籍向けのガイドブック。第7弾はインドネシアのバリ編!ビーチリゾートはもちろん、ウブド、キンタマーニ高原、ヒンドゥー寺院巡りなど!

電子書籍向けのガイドブック。第6弾はモロッコ編!マラケシュ、フェズ、サハラ砂漠などモロッコの魅力に迫る一冊!

電子書籍向けのガイドブック。第5弾はイタリア編!ローマ、フィレンツェ、ベネチア、ミラノ、ベネチアの5大都市を巡る!

電子書籍向けのガイドブック。第4弾はタイのバンコク編!アユタヤ遺跡、パタヤ、サメット島、チャン島も収録!

電子書籍向けのガイドブック。第3弾はタイのリゾート編!情報の少ないタイ南部のリゾートを特集!

電子書籍向けのガイドブック。第2弾はカナディアンロッキー編!観光もハイキングもこの一冊あれば十分!

新シリーズは電子書籍向けのガイドブック。第1弾はアメリカ編!セドナ、グランドサークル、ラスベガスならこの一冊あれば十分!!

vol.5~8をセット販売。バラで買うより断然お得です!!しかも総集編2には「強盗な話」の付録付き!!

vol.1~4をセット販売。バラで買うより断然お得です!!しかも総集編には「他人のトラブルな話」の付録付き!!