このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

KDP 印税受け取り 振込み編

money

4月24日付けでAmazonより印税の入金がありましたー。

KDPからメールで送られてきた送金書(Remittance advice)と同じ金額なので、銀行の振込手数料とアメリカでの課税を無事に回避できたようです。良かった良かった。

送金書の例(アマゾンより)

入金されたのは1、2月分の印税(1月分は1,000円未満のため翌月繰り越し)です。KDPの規定通り、印税が確定してから2ヶ月後で間違いないようですね。

ちなみに送金書の金額ですが、アカウントからダウンロードできる月別のレポートとは若干金額が違います。レポート作成時よりも、少し早めに処理をするそうです。よって月末ギリの売り上げは翌月に繰り越しへ。

今までアカウント上では売り上げあっても、どうも実感がなかったのですが、こうして実際に入金があると、改めてお金を出して買ってくれた人がいるんだなと。感謝ですなー。本当に。

ここまでの流れをおさらいすると

1/21 Amazonで電子書籍出版開始
2/17 IRSにEIN(雇用主番号)を申請(FAX)
3/01 KDPに支払い差し止めを依頼
3/17 2/19にIRSのオフィスが移転したことに気がつく
3/27 IRSに再FAX
3/28 新生銀行で口座開設(即日)
3/29 IRSからIN番号が記載(手書き)されたFAXを受信
3/29 AmazonのシアトルにW-8BEN(要EIN番号)を郵送(エアメール)
4/14 IRSから正式なレターが届く
4/17 KDPからW-8BEN承認のメールが届く
4/22 KDPに支払い差し止め解除の依頼メール
4/24 入金確認

スムーズにいけば、振り込まれるまでの2ヶ月間で全ての処理が終わります。が、なにぶんアメリカンさん次第なので時間がかかることも。念のためKDPに支払い差し止めを依頼しておきましょう。

そう言えば、アマゾンの漫画セールやばいですね。1巻が99円。気になる本がある人は電子書籍デビューも兼ねて買ってみては。

 

過去の関連記事はこちら↓

KDP 印税受け取り 新生銀行開設編

KDP 印税受け取り 二重課税回避編

※訂正

2、3月分の印税になってましたが、1、2月分の間違いです。お詫びして訂正します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA