このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Acer シールを剥がした後のメーカー保証

acer

WindowsにしろMacにしろパソコンのグレードアップする時に、一番簡単なのはメモリーの増設じゃないでしょうか。たいていのノートパソコンなら裏蓋を開けるだけで簡単に交換可能で、メモリー増設くらいの改造なら大体のメーカーが保証対象のままになります。

しかし、Acerのノートパソコンにはその裏蓋部に「Warranty Void If Seal is Removed(シール剥がしたら保証対象外)」と書いてあります。シールの下のネジを外さないとカバーが取れないので、つまり保証対象のままメモリーの増設は不可能ということになります。

acer

幸か不幸か試す機会があったのでレポします。

Acerの故障

数年前に買ったHPのネットブックがグダグタだったので、日本に帰国してからAcer V3-571 H58D/LKというモデルのノートパソコンを購入。

約4万4千円くらいでintel corei5-3210M、8GB、500GBというネットするだけならなかなかのスペック。しかも無駄にBlure-Ray。購入から8ヶ月。ちょっと動きがもっさりしてくる。ちょうどその頃、生まれて初めてのMacintoshを買ったので、Acerとはしばらく間疎遠に。

すでの過去のモデルのため現在は8万〜と割高。今買うならこれがコスパ高いですね。レノボですが。

レノボ・ジャパン Lenovo G580 (グロッシーブラウン) 26897BJ
Lenovo (2013-03-15)
売り上げランキング: 740

Mac miniの下位モデルはメモリーが4GBしかない。アプリを立ち上げる度にグルグルとレインボーが回りだし、ストレスは徐々に貯まっていく。メモリーを増設したいのはやまやまだが、円安と生産調整のためメモリーは半年で倍の金額に。そこで思いついたのがAcerのメモリーとMac miniのメモリーを交換すること。

ということでAcer側のメモリーを取り出そうとしたその時、シールに書いてある文字が目に飛び込んできた。保証と言ってもあと数ヶ月で切れるし、動きが重たい以外は問題ないので大丈夫だろうとシールを剥がしメモリーを交換。

Macはかなりサクサクになり大満足。4GBのメモリーなったAcerも問題なく起動するが、モッサリ感だけがグレードアップ。手当たり次第いらないアプリを消し、再起動したその時、問題が発生。

起動しないwindows。その後、再起動を繰り返しているうちに完全に立ち上がらなくなり、リカバリーディスクからOS再インストールも失敗。よく見るとHDDのランプが点灯していない。完全にHDDがぶっ飛んだみたい。幸いにも写真は外付けHDDにバックアップを取ってありセーフ。その他、重要そうなファイルはDropboxで管理しているので問題なし。もちろん失ったものをたくさんありますが。

そして何よりも問題なのが、シールを剥がしてしまたのでメーカーが無償で直してくれるのかといった問題。パソコンに同梱してあった修理依頼書を見ると「有償の修理をキャンセルした場合は5千円くらい見積もり手数料を取ります」的なただし書きがあり、送料などもかかるなら最初から自分でHDDなりを買った方が安むような。とにかく薮蛇になるのは嫌なので、とりあえずAcerのカスタマーセンターにさぐりを入れてみた。

Acer カスタマーセンターにTEL

電話番号 0570-016868
携帯から 011-330-2816

説明したこと
1.Windowsが立ち上がらない
2.OSの再インストールも付加
3.シールが剥がれている
4.改造していない
5.たぶんHDDが壊れている
6.購入から9ヶ月なので保証期間内である

こちら聞いた事とその答え

Q1.以上のような状態で無償で直るか?
A.保証期間なので水没やHDDを変更した痕跡がなければ無償だと思う。

2.万が一有償になった場合の見積もり料の可能性
A.保証期間ないなので一切かからない。

3.郵送料はかかるのか?
A.保証期間内なのでAcer側の負担(着払い)になるが、買った時の箱がなければパソコン梱包用の資材は自己負担(ヤマトで600円)になる。

4.どのくらい期間がかかるのか?
A.2週間〜20日前後。

シール云々のところはグレーゾーンのようで、中身が衝撃や水没による影響で壊れたりしていなければ保証期間内は無償になると。とにかく一度見てからの判断ということでそのまま修理手続きへ。

修理に必要なもの

1.パソコン本体
2.購入時に同梱してあった修理依頼書
3.保証書
4.購入日がわかるレシートや納品書

今回は電源系の問題ではないということアダプターなどは同梱しなくてよいとのこと。送付先、受付番号を書きとめ終了。1週間以内に送付しないと依頼は無効になるらしい。上記のものを同梱して着払いで送るように指示される。ただし、梱包材は自己負担。

修理センターへ送付

ヤマト運輸パソコン便

5/15夜、近くのヤマト運輸に持ち込み、パソコン用の梱包材に詰め発送依頼。資材はA4ノートなら600円。これに配送料がかかるが、今回は保証期間内のため着払いを指定。最短で5/17着になるらしい。

Acer

Acerより確認のTEL

5/20 AcerよりHDDが壊れているの初期化していいかの確認あり。この時に、無償で直るか確認したが有償になるような連絡は受けていないとのこと。

修理済みパソコンが到着

5/23 佐川急便にてパソコンが到着。修理表をHDDに以上があったので交換したとのこと。無償でHDDを交換してくれました。また、修理後、3ヶ月は保証してくれるようです。

IMGP8992IMGP8995

まとめ

Acerは裏のシールが剥がれても(仮にメモリーを交換しても)、保証期間内なら無償で直してくれます。しかも、送付してから約1週間と早かった。もちろん故障状況によりケースバイケースだとは思いますが。あとはオリジナルのメモリーなどは捨てないことですね。修理を依頼する時は必ず元の状態で出しましょう。

IMGP8994

また、サラの状態になったのでWindows8にアップグレードしてみました。PC買った時に優待で1200円でダウンロードしておいたものです。使って2日ですが、今のところ言われているほど悪くない気がします。起動も速くなったし。

もし、同じようなトラブルで保証期間が過ぎてしまった場合はHDDじゃなくてSSDに交換することをおすすめします。Mac miniに使いましたが絶好調です。Windowsでももちろん使えますよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA